手術前後の注意点

手術前の注意点

全身疾患がある方は、必ずお伝えください

全身疾患がある方は、必ずお伝えくださいインプラントでは、人工歯根(インプラント)を埋入するために、手術が必要となります。安心・安全な手術を行うためにも、全身疾患をお持ちの方は、必ずお伝えください。お体の状態によっては、主治医の方に手術の可否を相談する場合があります。

注意が必要な疾患
全身疾患
  • 糖尿病
  • 高血圧症
  • 免疫疾患(シェーグレン症候群、血小板減少症など)
  • 血液疾患
  • 骨粗しょう症
  • 悪性腫瘍

など

口腔疾患
  • 虫歯
  • 歯周病
  • 顎の骨が少ない
  • 喫煙習慣

など

服用されているお薬を、必ずお伝えください

現在、服用中のお薬がある場合には、必ずお伝えください。お薬の種類によっては、服用を中止していただくことがあります。主にご注意いただきたいお薬は、抗血栓剤などです。

体調を整えて手術に臨みましょう

体調を整えて手術に臨みましょう手術の前日の夜は、早めの就寝を心がけて、体調を整えるようにしましょう。飲酒はできるだけお控えください。また、前日の夜と、当日の朝のお食事は、軽く済ませるようにしてください。

静脈内鎮静法をご希望の方は、お車・バイクでのご来院はお控えください

インプラントの手術では、患者様のご希望に応じて、静脈内鎮静法を行う場合があります。手術終了後も、麻酔の影響によるふらつきが残ることがありますので、ご自身の運転によりお車・バイクでのご来院はお控えください。

インプラントの手術の流れはこちら

手術後の注意点

出血が止まらない場合は、すぐにご連絡ください

インプラントの手術後、1日程度は唾液に血が混じることがありますが、できるだけ強く口をすすがないようにしてください。過度なうがいや、傷口の治癒を遅らせることがあります。出血が止まらない場合には、ガーゼに生理食塩水を含ませて、20分程度、噛むようにしてください。それでも止まらない時には、すぐに当クリニックへご連絡ください。

お渡ししたお薬は、必ず服用してください

インプラントの手術後、鎮静剤や抗生物質などのお薬をお渡ししますので、必ず服用してください。服用方法もご説明しますので、必ず守るようにしてください。

手術当日の入浴はお控えください

手術当日の入浴は控えて、シャワーで済ませるようにしてください。

なるべく柔らかいもの食べるようにしてください

インプラントの手術後、5日程度は、できるだけ柔らかいものを食べるようにしてください。また、患部とは反対の歯で噛むようにして、香辛料などの刺激物は避けるようにしましょう。飲酒・喫煙も、2週間程度、控えるようにしてください。

いつまでも快適にお使いいただくために

インプラント周囲炎にご注意ください

インプラント周囲炎にご注意くださいインプラント周囲炎とは、インプラントのまわりに進行(プラーク)などの汚れが溜まることで、歯周病と同様の症状は引き起こされて、最悪の場合、インプラントが脱落してしまう病気です。

せっかく入れたインプラントを失わないためにも、セルフケアに努めるとともに、治療後も当クリニックで定期メンテナンスを受けて、お口の中を清潔な状態に保つようにしましょう。

安心の10年保証

当クリニックでは、インプラントの10年保証(ガイドデント保証システム)を導入しています。人工歯根(インプラント)で10年間、人工歯(上部構造)で5年間の保証が受けられます。「インプラントを、いつまでも快適に使い続けていただきたい」という思いを、保証という形にしてお届けしております。

※保証を受けるためには、当クリニックできちんと定期メンテナンスを受けていただく必要があります
※患者様の不注意、不慮の事故など、明らかに当クリニックに責任がない場合は除きます

ガイドデントについてはこちら

TEL:072-833-3431WEB予約インプラント無料相談最短1日! スピードセラミック実施中
一番上に戻る